妊娠・出産   予防接種・健診     支援・制度
  里帰り出産をする娘が両親学級を受けることはできますか。     BCGの集団の接種方法について教えてください。    
子どもを連れて、これから野田市に転入します。児童手当や医療券など、どのような手続きが必要ですか 。
  海外で出産をしました。母子健康手帳が欲しいのですが、どうしたらよいですか。            
  陣痛がおきた時に、送迎を頼めるタクシーはありますか。            
               
 保育所・幼稚園   一時預かり    あそび・つどい 
  保育園の保育料はいくらぐらいかかりますか。     普段は保育所に通っています。子どもが病気の時に預けるところはありますか。     徒歩や自転車で行ける、近くのあそび場を教えてください。
        出産のため、幼稚園の送迎ができなくなります。送迎をお願いできるところはありますか。      
        介護の手伝いをする間、生後2か月の赤ちゃんを預けたいのですが。      
               
 相談          
  離乳食を始めようと思います。進め方がわからないのですが。            
  中学生の子どもに何か障がいがあるのではないかと心配です。            
  3歳の子の言葉が遅くて心配しています            
               

  里帰り出産をする娘が両親学級を受けることはできますか
  野田市に里帰り出産される方も、お申し込みいただけます。
両親学級は、妊婦とその配偶者を対象に出産、育児などについて学ぶことで、妊娠、出産への相互理解と協力を深めるために行います。
⇒詳しくはこちら
   
  海外で出産をしました。母子健康手帳が欲しいのですが、どうしたらよいですか。
  海外に居住される邦人の妊婦の皆様向けに、母子手帳の無償配布が行われています。まずは居住される国・地域の大使館・総領事館等へお問い合わせください。数に限りがある等で、配布を受けることが難しい場合は、野田市保健センター、または子ども支援室にお問い合わせください。
【参考】母子健康手帳(親子健康手帳)の配布のご案内(外務省) http://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/ghp/page3_000780.html
   
  陣痛がおきた時に、送迎を頼めるタクシーはありますか。
  一般のタクシー会社が対応してくれる場合があります。
<市内のタクシー会社>帝都あたごタクシー(株)、丸川タクシー(有)、朝日自動車(株)野田営業所、関宿交通(有)
また、福祉タクシーについては、子ども支援室にお問い合わせください。
   
  BCGの集団の接種方法について教えてください。
  年間8回実施しています。詳しくは集団予防接種日程表でご確認ください。
⇒詳しくはこちら

医療機関でも接種可能です。詳しくは「個別定期予防接種実施医療機関」でご確認ください。
⇒詳しくはこちら
   
  子どもを連れて、これから野田市に転入します。児童手当や医療券など、どのような手続きが必要ですか。
  @まずは、転入届の提出を行ってください。
<手続きの場所>市役所市民課、関宿支所、南・北・中央の各出張所

Aその後、児童手当や子ども医療費助成受給券の発行手続きを行ってください。

<手続きの場所>市役所児童家庭課、関宿支所、南・北・中央の各出張所
⇒詳しくはこちら

B妊婦さんの転入や、乳幼児を連れての転入の場合は、母子手帳(母子健康手帳)や、予防接種、乳幼児健康診査についての手続きも行ってください。 
<手続きの場所>野田市保健センター、関宿保健センター
<持ち物>母子健康手帳、母子健康手帳別冊、本人確認ができるもの(運転免許証、パスポートなど)、個人番号カードまたは通知カード
   
  保育園の保育料はいくらぐらいかかりますか
  保育料は、所得税や市民税などの額と児童の年齢によって異なります。18時以降の延長保育は別途料金がかかります。
詳しくは入所案内をご覧ください。
⇒詳しくはこちら
   
  普段は保育所に通っています。子どもが病気の時に預けるところはありますか。
  病気または病気回復期のお子さんのための、一時保育を行っています。
病気のため集団保育ができない状態にある、保護者の方の勤務の都合などにより、家庭における保育ができない、などの条件があります。

⇒詳しくはこちら
   
  出産のため、幼稚園の送迎ができなくなります。送迎をお願いできるところはありますか。
  ファミリー・サポート・センターにご相談ください。
ファミリー・サポート・センター事業は、仕事と育児の両立支援等の生活支援を行う事業です。
育児の援助が必要な方(利用会員)と育児の援助ができる方(提供会員)からなる会員組織で、育児のニーズが発生した際に、会員による相互援助活動を行います。

⇒詳しくはこちら
   
  介護の手伝いをする間、生後2か月の赤ちゃんを預けたいのですが。
  生後57日から一時預かりができる施設がありますので、お問い合わせください。
⇒詳しくはこちら

また、野田市では生後57日から利用できる一時保育事業も行っています。
家庭で児童の保育をしている保護者、またはその家族が病気や冠婚葬祭などで一時的に家庭での保育ができなくなる場合に利用できるのが一時保育事業です。
⇒詳しくはこちら
 
  徒歩や自転車で行ける、近くのあそび場を教えてください。
  子ども支援室では、あそび場やつどいの場のご紹介をしています。
また、野田市子育て支援情報局「かるがもネット」でもご紹介しています。
⇒詳しくはこちらへ。
   
離乳食を始めようと思います。進め方がわからないのですが。
  保健センターでは、栄養士がお電話や面談による相談を随時行っています。まずは、お電話ください。
保健センター 7125-1188  関宿保健センター 7198-5011

また、管理栄養士による栄養相談会を行っています。 離乳食や食物アレルギー、生活習慣病予防や改善のための食事など栄養や食事に関する質問をお気軽にご相談ください。
⇒詳しくはこちら
おおむね6か月の乳児をもつ保護者を対象に離乳食講習会も実施しています。赤ちゃんの発達に合わせた食材の選び方や調理法の紹介、試食を行います。
⇒詳しくはこちら
   
  中学生の子どもに何か障害があるのではないかと心配です。
  子ども支援室では、妊娠から出産、育児、就学など18歳までの子どもの成長段階に応じて相談を行っています。
まずは、お電話ください。面談のご予約も可能です。
子ども支援室 電話04-7125-1134
⇒電子申請による来所相談予約はこちらから
   
  3歳の子の言葉が遅くて心配しています。
  子ども支援室では、お電話や面談による相談を随時行っています。
まずは、お電話ください。面談のご予約も可能です。
子ども支援室 電話04-7125-1134
⇒電子申請による来所相談予約はこちらから
   
  Copyright(c)kosodatesien sougou jouhoukyoku in noda city 2005. All Rights Reserved